簡単に入稿できるフライヤー印刷

イベントや宣伝などに使うフライヤーは、同じ紙媒体ではあるものの一般的なチラシとは少し異なり、イベントなどで場所や地域をしぼって即効性の効果を得られる場面で使用する宣伝用のチラシです。インターネットが普及し、どんな情報も簡単に手に入れられる時代ですが、そもそも興味がなければ情報をみるきっかけはありません。そういった方、イベントを知らない方に興味を持ってもらうため、配布または掲示したりするのがフライヤーです。フライヤーは目を引くものである必要があり、インパクトが重要です。また分かりやすくスマートに情報を伝える必要があります。フライヤーを気軽に作る事が出来る印刷業者はたくさんあります。少ない枚数からでも制作でき、紙の種類も選べるので、イメージに合わせて作成することができます。

チラシとフライヤーの使い分け方法と制作のポイント

プッシュ型の情報発信であるチラシと、プル型の情報提供をするフライヤー、どちらもセンスの良いものであればより集客効果を得られます。チラシとフライヤーでは微妙ですが用途は異なるので、印刷依頼する前にしっかりと理解しておきたいです。チラシでは限られたスペースにできるだけ多くの情報を掲載できるように考えたり、キャッチコピーなどの工夫が必要です。フライヤーでは配るというよりも、特定の場所に置いて配布するものなので、何の告知をしているのかが分かりやすいもの、手に取ってみたいと思うものが理想です。それぞれの用途と特徴をよく考え、状況に応じて使い分けをすることをおすすめします。紙の質やサイズにもこだわることも重要です。印刷会社ではそういった提案もおまかせできるので、センス良く作る事が出来ます。

チラシやフライヤーの印刷業者選びと手順

チラシやフライヤーの印刷を依頼する業者をどう選んだらよいでしょうか。大手の会社から地元の印刷までたくさんの印刷業者があります。それぞれに独自のサービスや特徴があるので、よく比較して依頼したい内容に合った業者を見つけましょう。印刷の品質、コスト、納期、デザイン力などポイントはいろいろです。手順として、まずチラシやフライヤーのターゲットを決めます。次にデザインのイメージ(色や雰囲気)を明確にしておきます。そして使用する写真をできるだけよい解像度のもので用意します。文章を入れるのであればテキスト原稿を用意します。全体のデザインや配置が決まっているなら、手書きしてイメージを伝えるのもよいですし、参考にしたいチラシを見せてもよいです。もちろんおまかせもできます。そして数回の校正を行い印刷です。業者との意思疎通も重要となりますので、業者選びのポイントにしましょう。