フライヤー印刷を外注するときの注意点を紹介

フライヤーやチラシの作成に悩んでいるということはありませんか。フライヤーなどチラシを印刷するときには、どのようなデザインにすれば集客できるか、どうすれば商品の販売向上に繋がるかなど、さまざまなことを考えていかなければなりません。しかし、より効果の高いフライヤーやチラシを作成するには時間がかかるため、ほかの作業を同時進行しながらの作成は難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。そんなときにおすすめしたいのが、外注によるフライヤーやチラシの印刷です。フライヤーの印刷を外注にすることで、より効果の高いフライヤーに仕上がったり、コアとなる業務に集中できるなどのメリットがあります。では、フライヤーやチラシの印刷は、どのようなところに外注すればいいのでしょう。今回はフライヤーの印刷について見ていきましょう。

フライヤーの印刷はどんなところに依頼する?

フライヤーやチラシの印刷を外注先には、デザイン会社や印刷会社などがあります。デザイン会社に依頼する場合デザイン会社それぞれによりますが、頻繁にデザイナーと打ち合わせができるため、デザインの細かい箇所まで要望を反映したフライヤーができあがります。また、取引によっては、以前と同じデザイナーを指名してデザインの依頼ができるため、共通したイメージのフライヤーの作成や、長期にわたる取引も可能になります。印刷会社の場合、印刷だけでなくデザインも請け負う会社もあり、デザインと印刷を別々の会社に依頼する手間が省け、コストを抑えられるメリットがあります。また、印刷会社に依頼する場合、印刷する用紙に合わせてデザインをすることができるので、紙媒体によるフライヤーの作成を検討している方に向いています。

フライヤーの印刷を依頼する前に注意することとは?

フライヤーやチラシの印刷を外注で発注する前に、やっておくべきこととはどのようなことでしょう。まず、質の高いフライヤーを作成したいと考えているのなら、フライヤーをなぜ作るのか、対象はどのような人なのかなど、目的とターゲットを絞ってから作成するようにしましょう。もし、目的やターゲットを絞らずに外注で依頼すると、作業を始めた後に目的がブレたり、作業内容の変更などで納期が遅れる可能性も出てきます。まずは目的とターゲットをしっかりと決めてから依頼するようにしてください。またデザインのイメージを業者にしっかりと伝えることや、文章についても確認しておくことが重要です。デザインのイメージを業者に説明したり、手書きで絵にするなどして伝えていくといいでしょう。また、文章に関しては、誤字や脱字がないかなど、やり直しで納期に遅れが生じることもあるので注意しましょう。