フライヤーの内容に最適なイラストも印刷できます

チラシは誰もが知っているが、フライヤーとは街頭などで配りやすい1枚A4程度のサイズのチラシの事を指します。チラシに比べると高級感があり、紙も上質なものを使うことが多く、パッと見て持って帰りたいと思わせるようなデザインが多いです。またその為に、すぐ捨てられるようなものではなく、お得な情報など持って帰って読んでもらえるようなものが必要となります。文字だけの印刷物は、読みづらくなかなか受け取ってもらえないことがあります。広告の内容に合わせたイラストがあると内容も入りやすく、目に入りやすく、人に手に取ってもらいやすくなります。配る場所や対象、内容を考えたイラストを相談の上入れてくれる会社は多いです。デザインから相談にのってくれる会社は多いので、ぜひ相談してほしいです。

フライヤーとチラシなど印刷の何が違うのか

フライヤーとチラシ、リーフレット、ポップは商品などを広告するための用紙の種類はさまざまです。フライヤーは前述しましたが、チラシは大量部数を刷り、多くの方に半ば無差別に送るものですので、派手さや目立つ、安くできるという点が重要になります。リーフレットはフライヤーを二つ折りにして、さらに情報量は多く、しかし持って帰りやすいものとなります。パンフレットも情報量は多いですが、こちらは小冊子となっており、気軽に持ち帰るというよりも、情報が欲しくて持ち帰るためのものともいえます。ポップは印刷物ではなく店頭広告という意味になりますので、ポップを印刷という言葉は少し不自然です。店頭広告は大型パネルかた、小さなプライスカード、本屋でよく見る紹介手書きカードもポップです。もちろん印刷もしてくれますが、他の商品紹介のための物とは特色が違います。

フライヤーの印刷を依頼するときに気を付けたい点

フライヤーとチラシの違いは印刷屋から見れば紙と印刷の質です。ですからほとんど注文方法は変わらない事が多いです。ただデザインまで依頼をする場合、違いを明確にしている会社に依頼することがおすすめです。もちろん専門ですので違いを理解していることは当然ですが、チラシとひとくくりにされている場合、不安を感じてしまいます。また安い早いというのは魅力的ですが、安いだけ、早いだけではイマイチなものが出来上がる可能性もあります。こだわり過ぎると予算オーバーしてしまいますが、色の出し方や、接客の態度は、やはり気にしたい点です。デザインに関してもテンプレートを利用できる、こちらがデザインしたものを作ることができる、デザインの相談にのってくれるなど、必要なサービスがあることは確認するべきです。