フライヤー 印刷

フライヤー印刷を依頼できる業者の見つけ方

フライヤーというのは英語でflyerと表わし、チラシのような物です。 フライヤーとチラシの呼び名によっての違いとしては、街で配られるような1枚のa4程度までのサイズの物がフライヤーと呼ばれていて、手にも持ちやすく、すぐに見てもらえるサイズですので、効果的なプロモーションとして活用をしやすいです。また聞広告に入っているようなa4以上の大きさのサイズの物は、チラシと呼ぶことが多いです。どちらの場合も印刷会社では扱って制作していることが多いですが、それぞれを別の商品としてみている業者が多いです。ご自分の使用目的に合った宣伝やプロモーションに適した方を、依頼して印刷してもらうことが、効果の出る結果に結びつきます。配りたい場所や、渡す人の傾向、時間帯、印刷費用などによって効果的な方法を選ぶことが大切です。

目的に合わせてフライヤーやチラシの印刷を依頼する

フライヤーとして印刷をする場合には、配布法としては店舗などに置いておき、訪れて気になった人が手に取ってもらえるかたちが多く、a3からb7くらいまでのサイズがあります。あまり大きくなくて、手に取って持ち帰りやすいような、小さめなサイズが好まれる傾向があります。またチラシとしての印刷を行う際は、配布法としては新聞の折込みや、各家に出向いてのポスティングといった方法で使用されることが多いです。 a3からb6などのサイズのバリエーションが多く、大きめのサイズが選ばれることが多いです。それぞれの印刷方法には違いもさほどありませんが、小さなサイズで持ち帰るのに相応しい内容であるか、大きめサイズだからこその内容であるかといったように、記述している内容での表現を使い分けることで、より効果的なツールになります。

フライヤーとチラシの本来の効果が出やすい印刷をする

チラシまたはフライヤーを印刷以来する時には、デザインなどの見た目の違いも意識して考える必要があります。フライヤーは見た時に、手に取って持ち帰りたいと思うようなインパクトや分かりやすさが重要ですので、色やデザインにも目を惹くような手法を使う必要があります。文字の大きさやイラスト、お洒落な感じや可愛さ、高級感、などといったように目的に合わせてイラストや写真などを効果的に配置させたりして、人目を惹くものに仕上げていきます。紙質もチラシよりも厚めでさわり心地が上質なものを意識して選ぶ方が、見た人にも気に入ってもらえます。チラシは多くの中でも目立つような工夫が必要で、フォントの大きさや配置、インパクトのあるコピー文など文字の方をイラストや写真以上に気を配って作成し、お得だと思わせる仕様にします。

お客様一人一人にきめ細かい対応。 (当社調べ)NHK様、民放キー局様、大手映画会社様にご利用頂いています。 映画や舞台、ドラマの台本を作るなら是非弊社をご利用ください。 大判印刷受付中。 新規入会時、1324円分のポイント付与します。 全国一か所送料無料です。 高品質な無線綴じから中綴じまで。 映画や演劇等あらゆる上演シーンで使われる台本のご依頼ならおまかせください。 フライヤー印刷なら、安いくて高品質の三交社にお任せを!!